本文へスキップ

司法書士資格ガイド 司法書士の資格取得から仕事のはじめ方まで

司法書士 資格ガイド

司法書士の仕事/司法書士資格ガイド 司法書士の資格・試験・仕事内容

司法書士の仕事

他人の依頼を受けて行うことのできる司法書士の業務は、多岐にわたっております。

その内容は、司法書士法 第3条や司法書士法施行規則 第31条に規定されていますが、

およそ下記のようになります。

@登記又は供託手続の代理
A(地方)法務局に提出する書類の作成
B(地方)法務局長に対する登記、供託の審査請求手続の代理
C裁判所または検察庁に提出する書類の作成、(地方)法務局に対する筆界特定手続書類の
  作成
D上記@〜Cに関する相談
E法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴額140万円以下の
  訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理及びこれらに関する相談
F対象土地の価格が5600万円以下の筆界特定手続の代理及びこれに関する相談
G家庭裁判所から選任される成年後見人、不在者財産管理人、破産管財人などの業務

司法書士は、国民の権利の擁護と公正な社会の実現のため、常に品位を保持し、業務に関する

法令及び実務に精通して、公正かつ誠実にその業務を行わなければならないという重い責任を

負っております。

また、簡裁訴訟代理関係業務については、いくつかの制限はありますが、司法書士という

私達に身近な法律専門家に、簡裁とはいえ訴訟の代理権を付与することは、近来叫ばれて

久しい「国民に身近な司法」を実現する上で、司法書士に対する期待が大きいものである

ことを示しているといっていいのではないでしょうか。

    登記業務
  裁判業務
  供託業務
  成年後見の業務
  司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の認定

司法書士通信講座 無料資料請求新着情報


 司法書士 講座   生涯学習のユーキャン
初学者でも安心!<わかりやすさ>を徹底追求したテキスト!

イラストや図解で理解がスムーズ!

具体的にどういうことなのかをイラストや図で、スッキリ覚えられます。

具体例で学べる!

法律の問題を実際の生活に当てはめるケーススタディが随所に!

バナースペース