本文へスキップ

司法書士資格ガイド 司法書士の資格取得から仕事のはじめ方まで

司法書士 資格ガイド

司法書士の働き方/司法書士資格ガイド 司法書士の資格・試験・仕事内容

司法書士の働き方

働き方は大きくわけると被雇用者として働くのか独立開業して事務所経営をするかという

二つの分け方が出来ます。

実際に、独立する手段として司法書士という職業を選択する人も多いと思います。

この理由として、独立開業にあたって、一般のお店を開くなどの場合よりも投資資金が

少なく抑えられることや自宅でも開業できることがメリットとして挙げられます。

この場合、もちろん試験に合格した後すぐに独立開業することも可能ですが、実際は、

司法書士試験合格後に連合会の主催する入会研修を受け、先輩の事務所でしばらく実務

を習得した後、登録・開業しています。

というのは、司法書士試験に合格したからといって、司法書士の幅広い業務をすぐに行う

ことはできないからです。

また、司法書士会への年間登録料も掛かるということも影響しているようです。

司法書士会への入会、司法書士名簿への登録は、本当に独立開業する時に行うことになります。

それまでの間は、「司法書士試験合格者」として働き、「司法書士」とは名乗らない人もいる

ということです。


また、たとえ司法書士として実務がこなせたとしても独立開業をして経営を成り立たたせる

ためには収益となるクライアントが必要になりますので、実際にはクライアントの確保が

できてから独立する人も多いようです。

逆に、既に不動産業者や銀行などクライアントに既に人脈の太いパイプがある人がこの人脈を

活かして仕事をするため司法書士になり、合格後すぐに独立するというパターンも少数ですが

実在します。

司法書士は、資格職業の中でも女性の割合が多いのが特徴です。

結婚、出産を経て自分の時間をうまく使うために独立開業することができ、また、司法書士は

一人でも開業が可能な上、場所や立地も拘らないため自宅兼事務所でも問題ないといえます。

では、被雇用者として働く場合はどういうところに勤務するのでしょう。

ほとんどは司法書士事務所および土地家屋調査士や税理士等との合同総合事務所での勤務

となります。

被雇用者として働く場合は事務所によって仕事内容も勤務体制も抱えているクライアントも

かなり異なります。

ですので「いつかは独立するための修行機関」なのか、司法書士の仕事ができるなら雇用形態

には拘らないのか、自分にあった司法書士像をイメージしておくと良いと思います。



司法書士通信講座 無料資料請求新着情報


 司法書士 講座   生涯学習のユーキャン
初学者でも安心!<わかりやすさ>を徹底追求したテキスト!

イラストや図解で理解がスムーズ!

具体的にどういうことなのかをイラストや図で、スッキリ覚えられます。

具体例で学べる!

法律の問題を実際の生活に当てはめるケーススタディが随所に!

バナースペース