本文へスキップ

司法書士資格ガイド 司法書士の資格取得から仕事のはじめ方まで

司法書士 資格ガイド

裁判業務/司法書士資格ガイド 司法書士の資格・試験・仕事内容

裁判業務

司法書士は「裁判所に提出する書類の作成」を業務として,依頼者からの相談,事情聴取を通

じてその主張を法的に構成し,助言・指導などを通して,いく通りかの選択肢の中から効果的な

訴訟手段を選択し,書類の作成や裁判を維持し『本人訴訟』を実質的に支えてきています。

最近では高学歴化や権利意識の向上等により自分で訴訟を行う人が増えてきました。  

司法書士は,本人訴訟を,専門職として支援・援助する立場から,訴えの提起,訴訟維持・進行

まで,法律知識と経験を活かして側面から支えるのも司法書士の業務です。

訴訟関係書類の作成のみならず,依頼者に対する助言・指導という法律相談の面でも大きな役割

を担っています。  

平成15年の司法書士法改正に伴う簡裁訴訟代理業務の獲得と平成16年4月1日からの裁判所法

改正の施行により,紛争の額がこれまでの90万円以内から140万円以内とされ上限が拡大され

ました。

これにより,司法書士の簡易裁判所における通常訴訟,支払督促,民事調停,民事保全,

起訴前和解などの訴訟代理に関する役割がさらに拡大し,市民の民事紛争の解決に大きな

寄与ができるようになりました。

    登記業務
  裁判業務
  供託業務
  成年後見の業務
  司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の認定

司法書士通信講座 無料資料請求新着情報


 司法書士 講座   生涯学習のユーキャン
初学者でも安心!<わかりやすさ>を徹底追求したテキスト!

イラストや図解で理解がスムーズ!

具体的にどういうことなのかをイラストや図で、スッキリ覚えられます。

具体例で学べる!

法律の問題を実際の生活に当てはめるケーススタディが随所に!

バナースペース