本文へスキップ

司法書士資格ガイド 司法書士の資格取得から仕事のはじめ方まで

司法書士 資格ガイド

司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の認定/司法書士資格ガイド 司法書士の資格・試験・仕事内容

司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の認定

法務大臣の認定を受けた司法書士は,簡易裁判所において取り扱うことができる民事事件

(訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件)等について,代理業務を行う

ことができます(簡裁訴訟代理等関係業務)。
 

簡裁訴訟代理等関係業務とは,簡易裁判所における(1)民事訴訟手続,(2)訴え提起前の和解

(即決和解)手続,(3)支払督促手続,(4)証拠保全手続,(5)民事保全手続,(6)民事調停手続,

(7)少額訴訟債権執行手続及び(8)裁判外の和解の各手続について代理する業務,

(9)仲裁手続及び(10)筆界特定手続について代理をする業務等をいいます。
 

簡裁訴訟代理等関係業務は,業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した

司法書士に限り,行うことができるとされています。

    登記業務
  裁判業務
  供託業務
  成年後見の業務
  司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の認定

司法書士通信講座 無料資料請求新着情報


 司法書士 講座   生涯学習のユーキャン
初学者でも安心!<わかりやすさ>を徹底追求したテキスト!

イラストや図解で理解がスムーズ!

具体的にどういうことなのかをイラストや図で、スッキリ覚えられます。

具体例で学べる!

法律の問題を実際の生活に当てはめるケーススタディが随所に!

バナースペース